百人一首 - 九十九番 -

九十九番

九十九番 / 後鳥羽院

原文

人もをし 人もうらめし あぢきなく
世を思ふゆゑに 物思ふ身は

ひともをし ひともうらめし あぢきなく
よをおもふゆゑに ものおもふみは

人が愛しくも思われ、また恨めしく思われたりするのは、(歎かわしいことではあるが) この世をつまらなく思う、もの思いをする自分にあるのだなぁ。