百人一首 - 九十八番 -

九十八番

九十八番 / 従二位家隆

原文

風そよぐ ならの小川の 夕暮は
みそぎぞ夏の しるしなりける

かぜそよぐ ならのをがはの ゆふぐれは
みそぎぞなつの しるしなりける

風がそよそよと楢(なら)の葉を吹きわたるこのならの小川の夕方は、(もうすっかりと秋のような気配だが) 川辺の禊祓(みそぎはらい)を見ると、まだ夏であるのだなぁ。