百人一首 - 九十七番 -

九十七番

九十七番 / 権中納言定家

原文

来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに
焼くや藻塩の 身もこがれつつ

こぬひとを まつほのうらの ゆふなぎに
やくやもしほの みもこがれつつ

どれほど待っても来ない人を待ち焦がれているのは、松帆の浦の夕凪のころに焼かれる藻塩のように、わが身も恋い焦がれて苦しいものだ。