百人一首 - 九十六番 -

九十六番

九十六番 / 入道前太政大臣

原文

花さそふ 嵐の庭の 雪ならで
ふりゆくものは わが身なりけり

はなさそふ あらしのにはの ゆきならで
ふりゆくものは わがみなりけり

(降っているのは) 嵐が庭に散らしている花吹雪ではなくて、降っているのは、実は歳をとっていくわが身なのだなぁ。