百人一首 - 九十五番 -

九十五番

九十五番 / 前大僧正慈円

原文

おほけなく うき世の民に おほふかな
わがたつ杣に 墨染の袖

おほけなく うきよのたみに おほふかな
わがたつそまに すみぞめのそで

身のほど知らずと言われるかもしれないが、(この悲しみに満ちた) 世の中の人々の上に、墨染の袖を被いかけよう。 (比叡山に出家したわたしが平穏を願って)