百人一首 - 九十四番 -

九十四番

九十四番 / 参議雅経

原文

み吉野の 山の秋風 小夜ふけて
ふるさと寒く 衣うつなり

みよしのの やまのあきかぜ さよふけて
ふるさとさむく ころもうつなり

吉野の山の秋風に、夜もしだいに更けてきて、都があったこの里では、衣をうつ砧(きぬた)の音が寒々と身にしみてくることだ。