百人一首 - 九十二番 -

九十二番

九十二番 / 二条院讃岐

原文

わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の
人こそ知らね 乾く間もなし

わがそでは しほひにみえぬ おきのいしの
ひとこそしらね かわくまもなし

わたしの袖は、潮が引いたときも水面に見えない沖にあるあの石のように、人は知らないでしょうが、(恋のために流す涙で) 乾くひまさえありません。