百人一首 - 九十一番 -

九十一番

九十一番 / 後京極摂政前太政大臣

原文

きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに
衣片敷き ひとりかも寝む

きりぎりす なくやしもよの さむしろに
ころもかたしき ひとりかもねむ

こおろぎがしきりに鳴いている霜の降るこの寒い夜に、むしろの上に衣の片袖を敷いて、わたしはたったひとり寂しく寝るのだろうか。