百人一首 - 九十番 -

九十番

九十番 / 殷富門院大輔

原文

見せばやな 雄島のあまの 袖だにも
濡れにぞ濡れし 色はかはらず

みせばやな をじまのあまの そでだにも
ぬれにぞぬれし いろはかはらず

(涙で色が変わってしまった) わたしの袖をあなたにお見せしたいものです。あの雄島の漁夫の袖でさえ、毎日波しぶきに濡れていても、少しも変わらないものなのに。