百人一首 - 八十九番 -

八十九番

八十九番 / 式子内親王

原文

玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば
忍ぶることの 弱りもぞする

たまのをよ たえなばたえね ながらへば
しのぶることの よわりもぞする

わたしの命よ、絶えることなら早く絶えてほしい。このまま生きながらえていると、耐え忍んでいるわたしの心も弱くなってしまい、 秘めている思いが人に知られてしまうことになろうから。