百人一首 - 八十八番 -

八十八番

八十八番 / 皇嘉門院別当

原文

難波江の 蘆のかりねの ひとよゆゑ
みをつくしてや 恋ひわたるべき

なにはえの あしのかりねの ひとよゆゑ
みをつくしてや こひわたるべき

難波の入江に生えている、芦を刈った根のひと節ほどの短いひと夜でしたが、わたしはこれからこの身をつくして、あなたに恋しなければならないのでしょうか。