百人一首 - 八十七番 -

八十七番

八十七番 / 寂蓮法師

原文

村雨の 露もまだひぬ 槇の葉に
霧たちのぼる 秋の夕ぐれ

らさめの つゆもまだひぬ まきのはに
きりたちのぼる あきのゆふぐれ

あわただしく通り過ぎたにわか雨が残した露もまだ乾ききらないのに、槇の葉にはもう霧が立ちのぼっていく秋の夕暮れである。(なんとももの寂しいことではないか)