百人一首 - 八十六番 -

八十六番

八十六番 / 西行法師

原文

嘆けとて 月やは物を 思はする
かこち顔なる わが涙かな

なげけとて つきやはものを おもはする
かこちがほなる わがなみだかな

嘆き悲しめと月はわたしに物思いをさせるのだろうか。 いや、そうではあるまい。本当は恋の悩みの所為なのに、まるで月の仕業であるかのように流れるわたしの涙ではないか。