百人一首 - 八十五番 -

八十五番

八十五番 / 俊恵法師

原文

夜もすがら 物思ふころは 明けやらで
閨のひまさへ つれなかりけり

よもすがら ものおもふころは あけやらで
ねやのひまさへ つれなかりけり

一晩中恋しい人を思って悩んでいるので、早く夜が明けたらよいと思っているのですが、なかなか夜は明けず、寝室の隙間さえもわたしにつれなく感じられます。