百人一首 - 八十三番 -

八十三番

八十三番 / 皇太后宮大夫俊成

原文

世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る
山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

よのなかよ みちこそなけれ おもひいる
やまのおくにも しかぞなくなる

世の中というものは逃れる道がないものだ。(この山奥に逃れてきたものの) この山奥でも、(辛いことがあったのか) 鹿が鳴いているではないか。