百人一首 - 七十九番 -

七十九番

七十九番 / 左京大夫顕輔

原文

秋風に たなびく雲の 絶え間より
もれ出づる月の 影のさやけさ

あきかぜに たなびくくもの たえまより
もれいづるつきの かげのさやけさ

秋風に吹かれてたなびいている雲の切れ間から、もれでてくる月の光は、なんと清らかで澄みきっていることであろう。