百人一首 - 七十八番 -

七十八番

七十八番 / 源兼昌

原文

淡路島 かよふ千鳥の 鳴く声に
幾夜寝覚めぬ 須磨の関守

あはぢしま かよふちどりの なくこゑに
いくよねざめぬ すまのせきもり

淡路島から通ってくる千鳥の鳴き声に、幾晩目を覚ましたことであろうか、この須磨の関の関守は…。