百人一首 - 七十六番 -

七十六番

七十六番 / 法性寺入道前関白太政大臣

原文

わたの原 漕ぎ出でて見れば ひさかたの
雲居にまがふ 沖つ白波

わたのはら こぎいでてみれば ひさかたの
くもゐにまがふ おきつしらなみ

大海原に船を漕ぎ出してみると、遠くの方では、雲と見わけがつかないような白波が立っているのが見える。(まことにおもしろい眺めではないか)