百人一首 - 七十三番 -

七十三番

七十三番 / 前権中納言匡房

原文

高砂の 尾上の桜 咲きにけり
外山の霞 立たずもあらなむ

たかさごの をのへのさくら さきにけり
とやまのかすみ たたずもあらなむ

高砂の峰にも桜の花が咲いたようだから、(その桜を見たいので) 手前の山の霞よ、どうか立たないようにしてくれないか。