百人一首 - 七十二番 -

七十二番

七十二番 / 祐子内親王家紀伊

原文

音に聞く 高師の浜の あだ波は
かけじや袖の ぬれもこそすれ

おとにきく たかしのはまの あだなみは
かけじやそでの ぬれもこそすれ

評判の高い高師の浜の寄せてはかえす波で、 袖を濡らさないようにしましょう。 (移り気だと、噂の高いあなたに思いをかけて、わたしの袖を濡らさないように)