百人一首 - 七十一番 -

七十一番

七十一番 / 大納言経信

原文

夕されば 門田の稲葉 おとづれて
蘆のまろやに 秋風ぞ吹く

ゆふされば かどたのいなば おとづれて
あしのまろやに あきかぜぞふく

夕方になると、家の前にある田の稲葉を音をたてて、 葦葺きのそまつな小屋に秋風が吹き訪れることよ。