百人一首 - 七十番 -

七十番

七十番 / 良選法師

原文

さびしさに 宿を立ち出でて ながむれば
いづくも同じ 秋の夕暮

びしさに やどをたちいでて ながむれば
いづこもおなじ あきのゆふぐれ

寂しくて家を出てあたりを眺めてはみたが、この秋の夕暮れの寂しさはどこも同じであるものだ。