百人一首 - 六十八番 -

六十八番

六十八番 / 三条院

原文

心にも あらでうき世に ながらへば
恋しかるべき 夜半の月かな

こころにも あらでうきよに ながらへば
こひしかるべき よはのつきかな

(もはやこの世に望みもないが) 心にもなく、このつらい浮世を生きながらえたなら、さぞかしこの宮中で見た夜の月が恋しく思 い出されることであろうなぁ。