百人一首 - 六十七番 -

六十七番

六十七番 / 周防内侍

原文

春の夜の 夢ばかりなる 手枕に
かひなく立たむ 名こそをしけれ

はるのよの ゆめばかりなる たまくらに
かひなくたたむ なこそをしけれ

春の夜のはかない夢のように、(僅かばかりの時間でも) あなたの腕を枕にしたりして、それでつまらない噂が立つことにでもなれば、それがまことに残念なのです。