百人一首 - 六十五番 -

六十五番

六十五番 / 相模

原文

恨みわび ほさぬ袖だに あるものを
恋に朽ちなむ 名こそ惜しけれ

うらみわび ほさぬそでだに あるものを
こひにくちなむ なこそをしけれ

あなたの冷たさを恨み、流す涙でかわくひまさえもない袖でさえ口惜いのに、こ の恋のために、(つまらぬ噂で) わたしの名が落ちてしまうのは、なんとも口惜しいことです。