百人一首 - 六十四番 -

六十四番

六十四番 / 権中納言定頼

原文

朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに
あらはれわたる 瀬々の網代木

あさぼらけ うぢのかはぎり たえだえに
あらはれわたる せぜのあじろぎ

ほのぼのと夜が明けるころ、宇治川に立ちこめた川霧が切れ切れに晴れてきて、瀬ごとに立っている網代木が次第にあらわれてくる景色は、何ともおもしろいものではないか。