百人一首 - 六十二番 -

六十二番

六十二番 / 清少納言

原文

夜をこめて 鳥の空音は はかるとも
よに逢坂の 関はゆるさじ

よをこめて とりのそらねは はかるとも
よにあふさかの せきはゆるさじ

夜の明けないうちに、鶏の鳴き声を真似て夜明けたとだまそうとしても、(あの中国の函谷関ならいざ知らず、あなたとわたしの間にある) この逢坂(おおさか)の関は、決して開くことはありません。