百人一首 - 六十番 -

六十番

六十番 / 小式部内侍

原文

大江山 いく野の道の 遠ければ
まだふみも見ず 天の橋立

おほえやま いくののみちの とほければ
まだふみもみず あまのはしだて

(母のいる丹後の国へは) 大江山を越え、生野を通って行かなければならない遠い道なので、まだ天橋立へは行ったことがありません。 (ですから、そこに住む母からの手紙など、まだ見ようはずもありません)