百人一首 - 五十九番 -

五十九番

五十九番 / 赤染衛門

原文

やすらはで 寝なましものを 小夜更けて
かたぶくまでの 月を見しかな

やすらはで ねなましものを さよふけて
かたぶくまでの つきをみしかな

(あなたが来ないと知っていたら) さっさと寝てしまえばよかったものを、(あなたの約束を信じて待っていたら) とうとう明け方の月が西に傾くまで眺めてしまいました。