百人一首 - 五十八番 -

五十八番

五十八番 / 大弐三位

原文

有馬山 猪名の笹原 風吹けば
いでそよ人を 忘れやはする

ありまやま ゐなのささはら かぜふけば
いでそよひとを わすれやはする

有馬山のふもとにある猪名の笹原に風が吹くと、笹の葉がそよそよと鳴りますが、そうです、その音のように、 どうしてあなたを忘れたりするも のでしょうか。