百人一首 - 五十七番 -

五十七番

五十七番 / 紫式部

原文

めぐり逢ひて 見しやそれとも わかぬ間に
雲隠れにし 夜半の月かな

ぐりあひて みしやそれとも わかぬまに
くもがくれにし よはのつきかな

久しぶりにめぐり会ったのに、それがあなたかどうかも分からない間に帰ってしまうなど、まるで (早くも) 雲に 隠れてしまった夜中の月のようではありませんか。