百人一首 - 五十五番 -

五十五番

五十五番 / 大納言公任

原文

滝の音は 絶えて久しく なりぬれど
名こそ流れて なほ聞えけれ

たきのおとは たえてひさしく なりぬれど
なこそながれて なほきこえけれ

水の流れが絶えて滝音が聞こえなくなってから、もう長い月日が過ぎてしまったが、(見事な滝であったと) その名は今も伝えられ、よく世間にも知れ渡っていることだ。