百人一首 - 五十四番 -

五十四番

五十四番 / 儀同三司母

原文

忘れじの 行末までは かたければ
今日を限りの 命ともがな

わすれじの ゆくすゑまでは かたければ
けふをかぎりの いのちともがな

いつまでも忘れまいとすることは、遠い将来まではとても難しいものですから、(あなたの心変わりを見るよりも早く) いっそのこと、今日を最後に私の命が終わって欲しいものです。