百人一首 - 五十三番 -

五十三番

五十三番 / 右大将道綱母

原文

嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くる間は
いかに久しき ものとかは知る

なげきつつ ひとりぬるよの あくるまは
いかにひさしき ものとかはしる

(あなたが来てくださらないことを) 嘆き哀しみながらひとりで夜をすごす私にとって、夜が明けるのがどれほど長く感じられるものか、あなたはいったいご存じなのでしょうか。