百人一首 - 五番 -

五番

五番 / 猿丸大夫

原文

奥山に 紅葉踏み分け 鳴く鹿の
声聞くときぞ 秋は悲しき

おくやまに もみぢふみわけ なくしかの
こゑきくときぞ あきはかなしき

奥深い山の中で、(一面に散りしいた)紅葉をふみわけて鳴いている鹿の声を聞くときは、この秋の寂しさが、いっそう悲しく感じられることだ。