百人一首 - 四十六番 -

四十六番

四十六番 / 曽禰好忠

原文

由良の門を 渡る舟人 かぢを絶え
ゆくへも知らぬ 恋の道かな

ゆらのとを わたるふなびと かぢをたえ
ゆくへもしらぬ こひのみちかな

由良の海峡を渡る船人が、かいをなくして、行く先も決まらぬままに波間に漂っているように、わたしたちの恋の行方も、どこへ漂っていくのか思い迷っているものだ。