百人一首 - 四十五番 -

四十五番

四十五番 / 謙徳公

原文

哀れとも いふべき人は 思ほえで
身のいたづらに なりぬべきかな

あはれとも いふべきひとは おもほえで
みのいたづらに なりぬべきかな

(あなたに見捨てられた) わたしを哀れだと同情を向けてくれそうな人も、今はいように思えません。(このままあなたを恋しながら) 自分の身がむなしく消えていく日を、どうすることもできず、ただ待っているわたしなのです。