百人一首 - 四十四番 -

四十四番

四十四番 / 中納言朝忠

原文

逢ふことの 絶えてしなくば なかなかに
人をも身をも 恨みざらまし

あふことの たえてしなくば なかなかに
ひとをもみをも うらみざらまし

あなたと会うことが一度もなかったのならば、むしろあなたのつれなさも、わたしの身の不幸も、こんなに恨むことはなかったでしょうに。(あなたに会ってしまったばっかりに、この苦しみは深まるばかりです)