百人一首 - 四十三番 -

四十三番

四十三番 / 権中納言敦忠

原文

逢ひ見ての 後の心に くらぶれば
昔は物を 思はざりけり

あひみての のちのこころに くらぶれば
むかしはものを おもはざりけり

このようにあなたに逢ってからの今の苦しい恋心にくらべると、会いたいと思っていた昔の恋心の苦しみなどは、何も物思いなどしなかったも同じようなものです。