百人一首 - 四十二番 -

四十二番

四十二番 / 清原元輔

原文

契りきな かたみに袖を しぼりつつ
末の松山 波こさじとは

ちぎりきな かたみにそでを しぼりつつ
すゑのまつやま なみこさじとは

かたく約束を交わしましたね。互いに涙で濡れた袖をしぼりながら、波があの末の松山を決して越すことがないように、二人の仲も決して変わることはありますまいと。