百人一首 - 四十一番 -

四十一番

四十一番 / 壬生忠見

原文

恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり
人知れずこそ 思ひそめしか

こひすてふ わがなはまだき たちにけり
ひとしれずこそ おもひそめしか

わたしが恋をしているという噂が、もう世間の人たちの間には広まってしまったようだ。人には知られないよう、密かに思いはじめたばかりなのに。