百人一首 - 四十番 -

四十番

四十番 / 平兼盛

四十番

原文

忍ぶれど 色に出でにけり わが恋は
物や思ふと 人の問ふまで

しのぶれど いろにいでにけり わがこひは
ものやおもふと ひとのとふまで

人に知られまいと恋しい思いを隠していたけれど、、とうとう隠し切れずに顔色に出てしまったことだ。何か物思いをしているのではと、人が尋ねるほどまでに。