百人一首 - 四番 -

四番

四番 / 山部赤人

原文

田子の浦に うち出でてみれば 白妙の
富士のたかねに 雪は降りつつ

たごのうらに うちいでてみれば しろたへの
ふじのたかねに ゆきはふりつつ

田子の浦の海岸に出てみると、雪をかぶったまっ白な富士の山が見事に見えるが、その高い峰には、今もしきりに雪がふり続けている。(あぁ、なんと素晴らしい景色なのだろう)