百人一首 - 三十八番 -

三十八番

三十八番 / 右近

原文

忘らるる 身をば思はず 誓ひてし
人の命の 惜しくもあるかな

わすらるる みをばおもはず ちかひてし
ひとのいのちの をしくもあるかな

あなたに忘れられる我が身のことは何ほどのこともありませんが、ただ神にかけて (わたしをいつまでも愛してくださると) 誓ったあなたの命が、はたして神罰を受けはしないかと、借しく思われてなりません。