百人一首 - 三十七番 -

三十七番

三十七番 / 文屋朝康

原文

白露に 風の吹きしく 秋の野は
つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける

しらつゆに かぜのふきしく あきののは
つらぬきとめぬ たまぞちりける

(草葉の上に落ちた) 白露に風がしきりに吹きつけている秋の野のさまは、まるで糸に通してとめてない玉が、美しく散り乱れているようではないか。