百人一首 - 三十六番 -

三十六番

三十六番 / 清原深養父

原文

夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを
雲のいづこに 月宿るらむ

なつのよは まだよひながら あけぬるを
くものいづこに つきやどるらむ

夏の夜は、まだ宵のうちだと思っているのに明けてしまったが、(こんなにも早く夜明けが来れば、月はまだ空に残っているだろうが) いったい月は雲のどの辺りに宿をとっているのだろうか。