百人一首 - 三十三番 -

三十三番

三十三番 / 紀友則

原文

久方の 光のどけき 春の日に
しづ心なく 花の散るらむ

ひさかたの ひかりのどけき はるのひに
しづこころなく はなのちるらむ

こんなにも日の光が降りそそいでいるのどかな春の日であるのに、どうして落着いた心もなく、花は散っていくのだろうか。