百人一首 - 三十二番 -

三十二番

三十二番 / 春道列樹

原文

山川に 風のかけたる しがらみは
流れもあへぬ 紅葉なりけり

やまがはに かぜのかけたる しがらみは
ながれもあへぬ もみぢなりけり

山あいの谷川に、風が架け渡したなんとも美しい柵があったのだが、それは (吹き散らされたままに) 流れきれずにいる紅葉であったではないか。