百人一首 - 三十一番 -

三十一番

三十一番 / 坂上是則

原文

朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに
吉野の里に 降れる白雪

あさぼらけ ありあけのつきと みるまでに
よしののさとに ふれるしらゆき

夜が明ける頃あたりを見てみると、まるで有明の月が照らしているのかと思うほどに、吉野の里には白雪が降り積もっているではないか。