百人一首 - 三番 -

三番

三番 / 柿本人麻呂

原文

あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の
ながながし夜を ひとりかも寝む

あしびきの やまどりのをの しだりをの
ながながしよを ひとりかもねむ

夜になると、雄と雌が離れて寝るという山鳥だが、その山鳥の長く垂れ下がった尾のように、こんなにも長い長い夜を、私もまた、(あなたと離れて)ひとり寂しく寝るのだろうか。